フィナステリド

AGA・薄毛の治療薬TOP>治療薬一覧>フィナステリド

フィナステリドとは

フィナステリドとは、男性型脱毛症の治療薬であり、ホルモンの働きを抑制する事によって薄毛を改善し、抜け毛を防止することができる薬剤です。ホルモン活性を阻害する事によってAGAの改善を図ります。

フィナステリドは、5αリダクターゼという酵素を阻害する事によって男性型脱毛症の根本解決を図る薬剤です。元は前立腺肥大、前立腺がんの治療薬として開発されたものですが、その副作用から体毛が濃くなる事が発見され、体毛の中でも頭髪に効果が見られたことから、薄毛・抜け毛の治療薬として用いられるようになったのです。

フィナステリドは日本でも認可されており、万有製薬からプロペシアの商品名で発売されています。近年になり、一般に広く知られるようになってきました。

フィナステリドの服用方法

フィナステリドの服用方法は至ってシンプルです。服用する頻度は1日に1回であり、水またはお湯で服用します。フィナステリドの摂取量は1日あたり1.0mgとされており、過剰摂取は副作用のリスクを高めるので避けましょう。

フィナステリドを服用するときには、毎日決まった時間に服用するようにしましょう。フィナステリドの効果は、24時間以内で消えてしまうので、毎日欠かさず、決まった時間に飲むのが大切です。食事後や就寝前など、自分が飲みやすいタイミングで飲むことを習慣づけるようにするといいでしょう。

フィナステリドは男性ホルモンに働きかけてAGAの改善を図る薬であることから、女性が服用する事は避けるべきです。様々な好ましくない影響が出てしまいます。特に妊婦にとっては厳禁というべきものであり、もし間違って服用をすると、胎児の生殖器に悪影響になりかねません。

他の薬との併用

フィナステリドを飲むときは、飲みあわせを考える必要は特にはありません。特定の薬剤と一緒に服用する事によって、効果が弱くなったり、逆効果となったりするというケースは今のところ報告されていません。もし違和感を感じたり、運悪く体質に合わないために副作用が出たなどという場合には、医師に伝えて相談するといいでしょう。また、フィナステリド過敏症の人は、通常の副作用では起こらない副作用は起きる場合もあるので、注意が必要です。

良い飲み合わせは、ミノキシジルと併用する事です。フィナステリドの効果によって薄毛や抜け毛の進行を食い止め、ミノキシジルの効果によって髪の毛を生やすことができれば、薄毛は改善されて行く事と思います。




フィナステリドの紹介ページです。AGA、薄毛治療薬のこと、みなさんはどのくらいご存知ですか?正しい効果やリスクについて理解はしていますか?近年、AGA、薄毛治療薬はクリニックの処方なしに購入することが可能となりました。その効果、服用方法、リスクを理解して服用方法を解説いたします。

△フィナステリド PageTopへ