副作用|フィナステリド

AGA・薄毛の治療薬TOP>AGA・薄毛治療薬の副作用>フィナステリドの副作用

フィナステリドのリスクについて

フィナステリドは効果的な薄毛治療薬として、最近になってようやく浸透して来ました薬剤ですが、薬である以上は当然ながらリスクもあります。

一つ目は、コストがかかるということです。フィナステリドを含むプロペシア病院から処方してもらう際、保険の適用外であるため費用は全額自己負担になるのです。そのため、人によってはフィナステリドの服用を続ける事が困難となる可能性もあります。

二つ目は、必ずしも誰にでもよく効くわけではないということです。フィナステリドは体質によって効果が現れやすい人と効果が現れにくい人とがおり、しかも効果を知るためには服用は短くとも3~4ヶ月は続ける必要があります。結果的に効果がなく、薬代が無駄になるということもありえます。

三つ目は、副作用があることです。副作用は発症しにくく、発症してもほとんどのものは軽いですが、リスクとして数える事ができます。

フィナステリドの副作用について

フィナステリドには、副作用が存在します。フィナステリドは男性ホルモンに作用してAGAを食い止めようとして働く薬であるため、精液の量が減少するケースは多くあります。また、ごくまれに勃起障害が起こることもあります。

また、飲み始めてすぐの頃には「初期脱毛」という副作用が起こることがあります。これは飲み始めてから間もない頃に抜け毛が増える症状であり、これに驚いて「フィナステリドは自分には合わないのではないのか」と考える人もいるかもしれません。しかし、じきに治まるのであまり気にする必要がない副作用です。

このほか乳房が膨張したり、乳汁が分泌されたりというような、肉体に女性っぽい特徴が出ることもごくまれにあります。

フィナステリドの副作用の発症率

上記に副作用の例を挙げましたが、この副作用が心配で服用をためらっている人がいるならば、あまり考えすぎないほうがいいという事を知りましょう。

フィナステリドの副作用の発症率は全体の2~5%といわれているため、副作用に悩まされる事はほとんどありません。この副作用が騒がれがちですが、この発症率の低さをみると、恐れるに足りない事が分かると思います。

実際に発症率は低いですし、もし仮に運悪く副作用が起こったとしても、ごく軽い症状であることがほとんどです。そして、実際にフィナステリドを服用している人にとっては、これくらいのリスクであれば、薄毛に悩むよりはこのリスクを抱えるほうがずっといいと考えている人がほとんどです。




フィナステリドの副作用の紹介ページです。AGA、薄毛治療薬のこと、みなさんはどのくらいご存知ですか?正しい効果やリスクについて理解はしていますか?近年、AGA、薄毛治療薬はクリニックの処方なしに購入することが可能となりました。その効果、服用方法、リスクを理解して服用方法を解説いたします。

△フィナステリドの副作用 PageTopへ