副作用|フィンペシア

AGA・薄毛の治療薬TOP>AGA・薄毛治療薬の副作用>フィンペシアの副作用

フィンペシアのリスクについて

画期的な治療薬であるフィンペシアも、薬である以上はリスクがあります。

一つ目は、キノリンイエローという発がん物質です。最近ではほとんど見かけなくなりましたが、数年前まではフィンペシアの原料にキノリンイエローという発がん物質が含まれているものが出回っていました。恐らく最近では遭遇する可能性はごく低いと思いますが、個人輸入などをする際には「キノリンフリー」と表記されているものなければなりません。これが一つ目のリスクです。

二つ目は、フィンペシアが聞きにくい体質の人がいるということです。聞きにくい人は、長ければ1年ほど服用を続けなければ効果が得られないこともあり、根気よく飲むことが可能となります。

三つ目は副作用があることです。ただし、副作用の発症率は低く、症状も軽いものです。

フィンペシアの副作用について

フィンペシアの副作用として最も多いのが、精液の減少や精力減退などといった性に関する問題であり、これはフィンペシアの有効成分が男性ホルモンに作用するためであると考えられます(理論的には作用しないといわれていますが、それでは性的障害の説明がつきません)。まれに勃起障害が起きることもあります。

また、乳房が大きくなったり、乳汁が分泌されたりという副作用が起こることもあります。これもホルモンが影響していると思われます。この場合、服用をやめるとこれらの症状は治まります。

また、飲み始めてすぐの頃は、初期脱毛という症状に悩まされる事も多いです。これは飲み始めの時期に脱毛が激しくなる事ですが、この症状はじきに治まり、そこからは本来の効果が得られるので、びっくりして服用をやめることがないようにしましょう。

フィンペシアの副作用の発症率

薄毛治療を希望する人にフィンペシアを勧めると、副作用を気にして服用をためらう人がいます。しかし、その人たちが抱く心配は、多く場合は的中しません。なぜならば、フィンペシアの副作用の発症率は、全体の2~5%とされているため、副作用が現れることはほとんどないからです。また、副作用自体も命にかかわるようなものはなく、むしろ軽い症状であることがほとんどです。

これらの軽い症状がまれに起きるという程度の副作用なので、薄毛や抜け毛の進行をそのままにしておくほうがはるかにリスクが高いといえます。実際の服用者たちも、薄毛に悩むよりは、これらの副作用のリスクを抱えたほうがはるかにましであると考えている服用者がほとんどです。




フィンペシアの副作用の紹介ページです。AGA、薄毛治療薬のこと、みなさんはどのくらいご存知ですか?正しい効果やリスクについて理解はしていますか?近年、AGA、薄毛治療薬はクリニックの処方なしに購入することが可能となりました。その効果、服用方法、リスクを理解して服用方法を解説いたします。

△フィンペシアの副作用 PageTopへ