薄毛治療薬Q&A

フィナステリドとプロペシアの違い

A.フィナステリドは成分の名前です。
フィナステリドを成分とした製品がプロペシアとなります。

プロペシアとフィナステリドは基本的に同じものです。
フィナステリドの製品化した商品名がプロペシアといえます。
フィナステリド成分を含むプロペシアのジェネリック版である
フィンペシアにもフィナステリドの成分は含まれています。

フィナステリドはもともと、前立腺肥大の治療薬として使用されていましたが、
副作用として発毛効果があるということが発見され、
フィナステリドを用いた発毛剤の開発が進むことになりました。

そして誕生したのが薄毛・抜け毛治療薬プロペシアです。
フィナステリドという発毛効果のある成分を含有した発毛剤の商品名です。

日本では、プロペシアは2005年に厚生労働省に承認されました。
そして同年12月から万有製薬により販売が開始されています。

プロペシアとフィナステリドの副作用もほぼ同じといえます。自覚症状レベルで性欲減退・勃起機能の低下などが挙げられます。また、体の女性化として乳房化の副作用が見られることがあります。

プロペシアの副作用はコチラ
フィナステリドの副作用はコチラ

つまり、基本的に同じものと言えます。