副作用|育毛剤

AGA・薄毛の治療薬TOP>AGA・薄毛治療薬の副作用>育毛剤の副作用

育毛剤のリスクについて

育毛剤のリスクには様々な事が挙げられますが、現時点では健康上の重大なリスクが報告されているものはありません。

それらのリスクを上げて行けば、まず、使い続ける必要があることでしょう。育毛剤によって薄毛を改善したならば、改善された状態を維持していくためには、生涯ずっと育毛剤を使い続ける必要があります。育毛剤によって体質を帰ることは出来ないため、一度生えた後に使用をやめると、また徐々に薄毛が進行していきます。

二つ目は、種類があまりにも多く、的確な育毛剤を選ぶのが難しい事です。種類が多いうえに、それぞれの育毛味ごとに効果を示す症状が違うため、非常に選ぶのが難しいです。そして、一つの育毛剤に定めたならば、半年以上はその育毛剤を使い続ける必要があるため、もし選び間違えていれば時間とお金を無駄にしてしまいます。

育毛剤の副作用について

育毛剤の副作用として、健康上に重大な被害を及ぼすような副作用はありません。よくみられる副作用としては、頭皮のかゆみや湿疹などです。そしてこれらの副作用も多くの人に起こるというものではなく、少数の人に起こるものです。しかしのそ少数の人たちの中には、耐え難いかゆみにおそわれる人もいます。

しいて言うならば、育毛剤を使用していない通常の頭皮の状態で、かゆみが酷かったり、湿疹ができている頭皮の弱い人は要注意だといえます。育毛剤を用いる事によってかゆみや湿疹が酷くなる事も考えられるので、そのような人の場合にはまずシャンプーを適切に選ぶことなどによって頭皮環境を正常なものに近づけた上で、育毛剤を使い始めるのがいいでしょう。

育毛剤の副作用の発症率

育毛剤の副作用の発症率は、数%のごく低い発症率です。ただし、一部のミノキシジルを含んだ育毛剤では違います。ミノキシジルの濃度が高くなれば高くなるほど、発症率も高まって行く事が分かっています。

実験の結果によると、ミノキシジルを1%含んだロゲインの発症率は2%である事に対し、ミノキシジルを5%含んだものでは発症率が9%にまで上昇し、10%や15%といった高濃度のミノキシジルを含んだものは発症率がさらに高くなったのです。そのため高濃度のミノキシジルを含む育毛剤は販売が中止されることとなりました。

副作用の中でよくみられるのは副作用は頭皮のかゆみであり、ミノキシジルが高濃度になるほどに、かゆみがひどくなりました。また、湿疹やかぶれといった形で副作用が現れることもあります。




育毛剤の副作用の紹介ページです。AGA、薄毛治療薬のこと、みなさんはどのくらいご存知ですか?正しい効果やリスクについて理解はしていますか?近年、AGA、薄毛治療薬はクリニックの処方なしに購入することが可能となりました。その効果、服用方法、リスクを理解して服用方法を解説いたします。

△育毛剤の副作用 PageTopへ