副作用|ミノキシジル

AGA・薄毛の治療薬TOP>AGA・薄毛治療薬の副作用>ミノキシジルの副作用

ミノキシジルのリスクについて

ミノキシジルのリスクとして、現在はまだ重大なものは発見されていません。今のところ考えられるリスクを紹介することにしましょう。

一つ目は、薄毛を改善し、改善された状態を維持していくためには、一生涯にわたってミノキシジルを飲み続ける必要があるということです。そのため、長いすパンで考えるならば、経済的なリスクを抱えることになります。

二つ目は、ミノキシジルはまだ発売されてから日が浅いため、毎日長期間にわたって服用を続ける事によって、数十年後にどのような影響を及ぼすのかという事が分かっていない事です。たとえば(あくまでたとえ話です)、もしミノキシジルに発がん性が発見されるような事があれば、長年にわたって服用してきた人にとっては重大なリスクとなる事でしょう。

ミノキシジルの副作用について

ミノキシジルの副作用は、育毛以外の降下が体に現れることです。体毛が濃くなったりします。これは本来ミノキシジルがもつ血管拡張効果によって生じる副作用です。この副作用を多毛症といいます。

そのほか、ミノキシジルは本来血圧降下剤として開発された薬であるため、血圧を下げる作用があり、これが低血圧に繋がる恐れがあります。また、この副作用は比較的発症しやすい副作用です。

また、ニキビや肌荒れといった皮膚トラブルが起こることもあるので、肌のケアをよく行いましょう。

性欲減退については、ミノキシジルとのつながりが証明されていないものの、怒ることがあります。ミノキシジルは女性も服用できる育毛剤ですが、おなかの子どもや乳児を抱える女性ならば、妊娠中や授乳中の服用は避けたほうが無難でしょう。

ミノキシジルの副作用の発症率

副作用の発症率は、ミノキシジルを含んだ外用薬の場合には、ミノキシジルの濃度が高くなれば高くなるほど、発症率も高まって行く事が分かりました。

例えば、ミノキシジルを1%含んだものの発症率は2%である事に対し、ミノキシジルを5%含んだものでは発症率が9%にまで上昇し、10%や15%といった高濃度のミノキシジルを含んだものは発症率がさらに高くなったため、販売が中止されるに至りました。

もっとも顕著な副作用は頭皮のかゆみであり、高濃度になるほど、重度のかゆみを呈したとされています。

また副作用の一つである低血圧に関しては、ほとんどの人に現れる副作用です。これはミノキシジルが本来は血圧を下げる薬であるため、仕方のないことであるといえます。




ミノキシジルの副作用の紹介ページです。AGA、薄毛治療薬のこと、みなさんはどのくらいご存知ですか?正しい効果やリスクについて理解はしていますか?近年、AGA、薄毛治療薬はクリニックの処方なしに購入することが可能となりました。その効果、服用方法、リスクを理解して服用方法を解説いたします。

△ミノキシジルの副作用 PageTopへ