副作用|プロペシア

AGA・薄毛の治療薬TOP>AGA・薄毛治療薬の副作用>プロペシアの副作用

プロペシアのリスクについて

プロペシアは画期的な薄毛治療薬として、最近では非常に浸透して来ましたが、リスクもあることを知っておきましょう

一つ目は、コストがかかるということです。病院から処方してもらう際、薄毛は命にかかわる症状ではない事から、保険の適用外になり、全額自己負担になるのです。そのため、人によってはプロペシアを続ける事で生活を圧迫する可能性もあります。

二つ目は、必ずしも万人に効くわけではないということです。プロペシアは遺伝によって効果が現れやすい人と効果が現れにくい人とがおり、しかも服用は短くとも3~4ヶ月は続ける必要があります。従って、服用してみたものの効果がなく、薬代が無駄になるということもありえます。

三つ目は、副作用があるということです。必ずしも副作用が現れるわけではありませんが、リスクとして数える事ができます。

プロペシアの副作用について

プロペシアも薬である以上は、副作用が存在します。プロペシアの有効成分であるフィナステリドは男性ホルモンに影響を及ぼさないため、性に関する障害は理論的にはおきないとされていますが、精液の量が減少するケースは多くあります。また、まれに勃起障害が起こることもあります。

また、生殖器に現れる副作用と同じく心配なのは、肝臓に関する副作用です。薬は肝臓で代謝されるので肝臓に負担となる場合があります。それによって肝機能障害が起こる可能性も示唆されているため、肝臓に疾患を持っている人は服用を控えたほうがいいでしょう。

また、飲み始めてすぐの頃には「初期脱毛」という副作用が起きます。これは飲み始めてから間もない頃に抜け毛が増える症状です。しかし、じきに治まるのであまり気にする必要がない副作用です。

プロペシアの副作用の発症率

薄毛治療をしたいけれども、プロペシアの副作用が心配で服用をためらっている人がいるならば、その心配は多くの場合杞憂に過ぎない事を知りましょう。

プロペシアの副作用の発症率は全体の2~5%といわれており、副作用に悩まされる事はほとんどありませんこの副作用が騒がれがちですが、これは単に「薄毛という命にかかわらない症状のために副作用のリスクをとるのはどうか」という意味で騒がれているだけです。

実際には発症率は低いですし、もし仮に副作用が起こったとしても、ごく軽い症状であることがほとんどです。そして、実際に服用している人にとっては、これくらいのリスクであれば、薄げに悩むよりはこのリスクを抱えるほうがずっとましだと考えている人がほとんどです。




プロペシアの副作用の紹介ページです。AGA、薄毛治療薬のこと、みなさんはどのくらいご存知ですか?正しい効果やリスクについて理解はしていますか?近年、AGA、薄毛治療薬はクリニックの処方なしに購入することが可能となりました。その効果、服用方法、リスクを理解して服用方法を解説いたします。

△プロペシアの副作用 PageTopへ