副作用|AGA・薄毛の治療薬

AGA・薄毛の治療薬TOP>AGA・薄毛治療薬の副作用

プロペシアのリスク(副作用)

プロペシアは薄毛治療薬として画期的な効果を発揮しますが、少なからずリスクが存在します。第一にコストが掛かるということ、また、プロペシアの有効成分であるフィナステリドは男性ホルモンを抑制する働きがあるため、性に関するもの、肝臓に関する副作用が起こる可能性があります。


プロペシアのリスク、副作用を知る>>

フィナステリドのリスク(副作用)

フィナステリドは効果のある薄毛、AGA治療薬ですが、気を付けなければならない点もあります。プロペシアでも紹介しましたが、フィナステリドは男性ホルモンを抑制する働きがあるため、理論的には性に関する副作用は起こらないとされていますが、勃起障害や精子の減少が起こり得る場合があります。


フィナステリドのリスク、副作用を知る>>

フィンペシアのリスク(副作用)

フィンペシアは、以前、キノリンイエローという発がん物質が含まれるものが販売されていました。現在、クリニックで処方される治療薬にはそのようなことはありませんが、個人輸入などの格安通販で購入する際には「キノリンフリー」と表記に注意しておく必要があります。


フィンペシアのリスク、副作用を知る>>

ミノキシジルのリスク(副作用)

実はミノキシジルのリスクとして重大な物は報告されていません。ミノキシジルのリスクとして挙げられるのは、薄毛改善されたとしても維持していくためには、ミノキシジルを飲み続ける必要があるということです。その際はコスト的な面でリスクとなってしまいます。


ミノキシジルのリスク、副作用を知る>>

ロゲインのリスク(副作用)

ロゲインの副作用として、頭皮のかゆみやかぶれ、顔のほてりなどの症状がみられる程度となり、健康に被害があるなどの重要な副作用での報告は特にありません。また、それらの副作用の発症率はかなり低いため、気にする必要はないと言えます。


ロゲインのリスク、副作用を知る>>

育毛剤のリスク(副作用)

育毛剤に至っても現時点では健康上のリスクが発見されておりません。ですがミノキシジルと同様、使い続ける必要があることでしょう。育毛剤によって体質を変えることはできないため一度使うのをやめてしまうと、また薄毛の症状がみられるようになってしまいます。


育毛剤のリスク、副作用を知る>>




AGA・薄毛治療薬の副作用の紹介ページです。AGA、薄毛治療薬のこと、みなさんはどのくらいご存知ですか?正しい効果やリスクについて理解はしていますか?近年、AGA、薄毛治療薬はクリニックの処方なしに購入することが可能となりました。その効果、服用方法、リスクを理解して服用方法を解説いたします。

△AGA・薄毛治療薬の副作用 PageTopへ