効果|ロゲイン

AGA・薄毛の治療薬TOP>AGA・薄毛治療薬の効果>ロゲインの効果

ロゲインの効果について

血行が悪くなることには様々な理由が考えられますが、血行が悪くなる事によって、頭皮に流れる血管で血流が滞ってしまいます。そのため、毛根に栄養がうまくいきわたらなくなってしまい、結果的には髪の毛が弱弱しく、抜けやすい髪の毛になってしまいます。これが薄毛や抜け毛の正体です。

ロゲインを使用することによって、頭皮の血管を拡張し、血流をよくして毛根にも栄養がいきわたるようになります。その結果すでに生えている髪の毛は太くコシのあるものになり、抜けにくくなります。また、今まで活動を停止した毛根が再び働き始める事によって、髪の毛を作る事ができなかった毛根がまた髪の毛を作ろうとします。そのため、もう生えないのではないかと思っていたはげた部分にも髪の毛が生えてくる事があります。

ロゲインの効果について

ロゲインを使うことによって、円形脱毛症などといった脱毛症にも効果がみられます。ただし、脱毛症はストレスやその他のことを原因として引き起こされるため、ロゲインを使用することによって根本的な解決が出来るという事ではありません。したがって、脱毛症そのものを予防する事はできないものの、一旦起こってしまった脱毛症にロゲインを塗ることで、発毛を促進させ、早期に治療していくことが可能となります。

ロゲインに含まれるミノキシジルは、プロペシアと併用することでより大きな効果が得られます。プロペシアによって薄毛や抜け毛の進行を防いでおき、そこへロゲインを使うことで発毛・育毛をしていくのです。これこそがもっとも効果がある薄毛改善方法であり、どちらか片方だけでは不十分になってしまいます。

ロゲインのメリット・デメリット

ロゲインのメリットは、なんといっても血管拡張作用によって発毛と育毛を促す働きがあることです。今まで細く弱弱しく抜けやすかった髪の毛であっても、ロゲインを使うことによって太くコシのある、抜けにくい髪の毛になるのです。また、活動を休止していた毛根に栄養を補給し、再稼動させることによって、もう生えないのではないかと諦めていたはげた部分にも、髪の毛がはえてくることもあります。

デメリットは、含まれるミノキシジルの濃度が高くなるにつれて、頭皮のかゆみ、湿疹などといった副作用が起きてくることです。

改善のためには、軽度の人では90日~半年で効果が見られ、比較的重度の人は半年以上かかります。そのため、これを長いと感じる人にとってはデメリットといえるでしょう。




ロゲインの効果の紹介ページです。AGA、薄毛治療薬のこと、みなさんはどのくらいご存知ですか?正しい効果やリスクについて理解はしていますか?近年、AGA、薄毛治療薬はクリニックの処方なしに購入することが可能となりました。その効果、服用方法、リスクを理解して服用方法を解説いたします。

△ロゲインの効果 PageTopへ