副作用|ロゲイン

AGA・薄毛の治療薬TOP>AGA・薄毛治療薬の副作用>ロゲインの副作用

ロゲインのリスクについて

ロゲインのリスクには、重大なリスクとして数えられるものは今の時点では確認されておらず、健康面とはあまり関係のないリスクがあります。

一つ目は、ロゲインによって薄毛を改善し、改善された状態を維持していくためには、一生涯にわたってロゲインを使い続ける必要があるということです。一度生えたからといって使用をやめてしまえば、また徐々にロゲインの使用前に戻っていきます。

二つ目は、ロゲインはまだ発売されてから30年ほどが経過していますが、毎日使い続ける事によって、数十年後にはどのような影響を及ぼすのかという事が分かっていない事です。たとえばもしミノキシジルに発がん性があったと知られたならば、長期間による使用によって皮膚がんのリスクが高まるでしょう。

ロゲインの副作用について

ロゲインの副作用として報告されている者は、頭皮のかゆみ、かぶれ、顔のほてりなどです。どれも健康に被害があるという重要な副作用ではありません。また、副作用の発症率は低いため、あまり気にする必要はないでしょう。

ただし、もとから皮膚が弱いと感じている人や、通常でも皮膚に湿疹ができているなどという人は、避けたほうが無難でしょう。症状を重くする恐れがあります。そのような人には、ロゲインに含まれている有効成分であるミノキシジルを、内服薬として摂取する方法もあるので、そちらが推奨されます。

ロゲインによって副作用が生じ、我慢ならないレベルであれば使用を中止し、医師に相談してみましょう。体質に合わないという事も考えられるため、無理にしようを続けるのは禁物です。

ロゲインの副作用の発症率

ロゲインの副作用の発症率は、ミノキシジルの濃度が高くなれば高くなるほど、発症率も高まって行く事が分かっています。

例えば、ミノキシジルを1%含んだロゲインの発症率は2%である事に対し、ミノキシジルを5%含んだものでは発症率が9%にまで上昇し、10%や15%といった高濃度のミノキシジルを含んだものは発症率がさらに高くなったという研究結果があります。そのため高濃度のミノキシジルを含むロゲインは販売が中止されるに至りました。

もっとも顕著な副作用は頭皮のかゆみであり、高濃度になるほど、重度のかゆみを呈したとされています。また、湿疹やかぶれといった形で副作用が現れることもあります。

ネットで個人輸入をするとき、国内では販売されていない高濃度のロゲインが売られていることがありますが、避けたほうが無難でしょう。




ロゲインの副作用の紹介ページです。AGA、薄毛治療薬のこと、みなさんはどのくらいご存知ですか?正しい効果やリスクについて理解はしていますか?近年、AGA、薄毛治療薬はクリニックの処方なしに購入することが可能となりました。その効果、服用方法、リスクを理解して服用方法を解説いたします。

△ロゲインの副作用 PageTopへ